餅は餅屋、ホームページ制作はコーディング代行屋に

餅は餅屋、ホームページ制作はコーディング代行屋に 何かを買う、あるいはサービスを利用しようとした場合、その店のホームページを見てみるというのは当たり前の時代になりました。もしそのホームページが素人っぽかったり貧弱だったらどう思うでしょうか。その印象は店に行ってみたらその店が非常に小さかったりボロボロであったりするのと同じ印象を与えます。たとえ大規模なホームページではなく数ページだけのホームページでも良い印象を与えたいものです。

ホームページを作るのにコーディング代行を頼むということはシャレた店を自分で作るのではなく工務店に依頼するようなものです。勿論自分でホームページを作るための言語、HTMLやCSSを勉強することは良い事です。店に自分で小さな棚を付けるのと同様、ホームページのちょっとした変更を自分でできるようになります。コーディング代行を頼む前にまず自分でホームページを作ってみましょう。といっても本物に作るのではなく気に入ったホームページを見つけプリントアウトしてその画面に貼り付けたい写真や画像集め、また文章などをそれぞれワープロなど作って貼り付けてみてください。この作業さえしておけば業者との打ち合わせもスムースに行くでしょう。間違っても自分が思っていたものと全然違うものができるなんてことはなくなります。そしてこの打ち合わせ、または出来上がったホームページを見ればいかにプロはプロであるかを理解できるでしょう。

ちょっとした画像の配置や大きさを変えることで自分の提案が素晴らしい結果となることを体験することができます。この差はツールにもあります。個人で買うには高価なツールを業者は当たり前のように使い、そして使いこなせます。そんな見た目だけの話だけではありません。ホームページを作るということが集客に繋がらなくてはいけません。つまり多くの人に見てもらわなければ作った意味がないのです。具体的にいえばネットの検索で最初の方に出てくる必要があるということです。

どうすればいいかわかりますか。これにもいろいろテクニックがあり、それがコーディング代行をお願いする要因の一つなのです。素人向けのホームページ作成プログラムや分厚い参考書を一時しまって、プロの技を楽しんでみませんか。

最新ニュース